キャピタルゲインとインカムゲインの違い|投資マンションの基礎

男性

空室リスクをおさえる方法

模型

会社員をしながら収益不動産を所有したいと考える人が増えてきているようです。しかし、そういった方も日中は仕事で働いているため、不動産を管理運用することは難しいと思います。そのため、多くの人が不動産の管理会社に客付けから運営までを委託することになりますが、収益不動産の運営で最も怖いのは空室リスクです。不動産の管理会社にはこの空室リスクを解消してくれる契約方法で管理契約を行なってくれる会社があります。それがサブリースと呼ばれる契約方法で、不動産会社が収益不動産の全ての部屋を借り上げてくれるというものになります。つまり、不動産会社が部屋を全て借り上げて、空室リスクを会社が背負ってくれるというものです。サブリース契約の場合、リスクがなくなる代わりに、物件のオーナーに入ってくる金額は物件の月額家賃よりも少ないものになります。不動産会社は月額家賃とオーナーから借り上げた金額の差額でリスクを背負った分の収益をあげるため、オーナーが家賃全てを貰えるわけではないのは当然のことになります。その代わり、空室がでてもオーナーは全室分の借り上げ料金を不動産会社からもらい続けることができます。何としてでも空室で賃料が入ってこないことを防ぎたいという方は、サブリースを検討するといいでしょう。サブリースで注意しなければならないことは、物件のオーナーが入居者と接触することがほとんどなくなるという点になります。ほとんどを不動産会社にやってもらう代わりにどんな人が自分の物件に入っているのかを知ることがありません。入居者についてもきっちりと管理したい方や空室リスクを自分で負担できるという方は、サブリース契約ではなく、通常の契約にしてもいいかもしれません。