キャピタルゲインとインカムゲインの違い|投資マンションの基礎

ウーマン

空室リスクをおさえる方法

模型

サブリースは空室リスクを不動産会社が負担してくれる契約方法です。収益不動産のオーナーにはとても助かる契約方法の一つといえます。メリットの他に注意しなければいけない点もたくさんあるため、しっかりと検討することが必要です。

もっと読む

家賃で収益力が決める

電卓と硬貨

家賃相場はその地域の不動産の収益力に影響を与えます。周囲の不動産の家賃相場が下がれば、自分の所有する不動産の家賃も下げなければ客付けが困難になり、空室リスクが増してしまうでしょう。不動産投資を初めるなら事前に情報を徹底的に集めましょう。

もっと読む

マンション投資の一歩目

建物

不動産投資といえば投資マンションを購入することを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。投資マンションは不動産投資の王道であり、多くの投資家が実際に投資して収益を上げています。サラリーマンの資産運用の方法としても有名で、サラリーマンをしながら投資マンションに積極的に投資して会社を辞めて独立するに至った方も少なくないようです。リスクを上手くコントロールしながら、自分の資産を運用するためには知識を身につける必要があります。ここでは簡単に投資マンションの基礎をまとめていきます。投資マンションというと、マンション1棟を丸々購入して運用するというイメージを持ちがちですが、マンションは1部屋からの運用も可能です。1部屋からの運用であれば、頭金が少なくても不動産投資をはじめることができるため、投資を初める最初の一歩として購入する人が多くいます。投資マンションで収益を上げる方法は主に2つで、キャピタルゲインとインカムゲインの2種類になります。どちらを狙うのかで投資する物件も投資方法も異なってくるため、キャピタルゲインとインカムゲインへの理解は必須です。キャピタルゲインを一言でいうと売却益のことで、1000万で買ったものが12000万で売れたら200万のキャピタルゲインということになります。対してインカムゲインは家賃収入のことで、マンションに入居者が決まったことによる月額の家賃による収入のことです。投資マンションの価格の上下動を予想することはとても難しいため、初心者はインカムゲインから狙うべきといわれています。初めて投資マンションを購入するのならインカムゲインを狙っていきましょう。

遊休資産を収益化

パーキング

駐車場を設置すれば遊休資産を収益物件に変貌させることができます。駐車場の運営ならば手間とコストがかからないため、ただ土地を放っておくよりもはるかに有益でしょう。月極と時間貸しのどちらの形態で運営するのか、しっかりと比較検討しましょう。

もっと読む